逸品 【第3回】12か月分のカレンダーが表示できる、オリエント「万年カレンダー」

逸品

【第3回】12か月分のカレンダーが表示できる!

オリエント「万年カレンダー」

オリエント 万年カレンダー
こんにちは!TiCTAC USED+です。
このコーナーでは、誰もが知るブランドの名品から、隠れた名品、なかなかお目にかかれないレアモデルまで、腕時計の「逸品」をご紹介します。
第3回目は、12か月分のカレンダーを表示することができる、オリエントの万年カレンダーをご紹介します。
商品ページはこちら >>>


オリエント/万年カレンダーとは?
万年カレンダーとは?
「万年カレンダー」とは、1950年の創業以来、長きに渡って趣向をこらした腕時計を生み出してきたオリエントのカレンダー機能の呼称。
ダイヤルにプリントされている日付に対して、2時位置のプッシュボタンを押して曜日を合わせることで、現在の1か月分のカレンダーをフルで表示することができます。 月初めに曜日を調整することで、12か月分のカレンダーを表示することができるスグレモノ。別名「マルチイヤーカレンダー」とも呼ばれています。


オリエント 万年カレンダー/よみがえった復刻モデル
よみがえった復刻モデル
実は初代のオリジナルモデルは1976年に発売されており、今回入荷した商品は2009年に復刻版として再登場したモデル。
近未来的なケースのフォルム、カレンダーが入ったダイヤルなど、随所に1970年代のレトロフューチャーな雰囲気が溢れたデザインは、オリジナルを忠実に再現しています。オリジナルはブラウンがかったようなグレーのグラデーションで、今回入荷した商品はグリーンのグラデーションですが、復刻版は他にもブルーや、オリジナルと同じグレーなどが2009年当時販売されていました。
現在では絶版で、未使用品では入手困難な希少な腕時計です。


オリエント/万年カレンダーの使い方
万年カレンダーの使い方
2時位置のプッシュボタンを押すと、内部に搭載している曜日ディスクが回転する仕組みになっています。このとき、ボタンは1回押してもディスクが切り替わる途中の状態で、2回押すと完全に次の曜日へ切り替わります。
例えば2019年2月のカレンダーにしたい場合。
2月1日は金曜日なので…「1」の列に、「FR」(FRIDAY:金曜日)が合致するまでプッシュボタンを押すことで、2019年2月のカレンダーが1か月分フルで表示できます!
月が変わったタイミングで、同じように調整することでカレンダー機能を毎月使用することができます。


オリエント 万年カレンダー/一期一会のユーズドウォッチ
一期一会のユーズドウォッチ。
1976年に発売されたオリジナルモデルの復刻版として2009年に再登場するも、現在ではすでに絶版で入手困難なこちらのモデル。 入荷は1点のみ、未使用な状態では今後なかなか出会うことが難しい大変貴重な商品ですのでお早めに!
商品ページはこちら >>>



−Back number−
【第1回】オメガ 30mmキャリバー265 >>>
【第2回】地球とともに自転する、「Think the Earth」地球時計 >>>
ページTOP